保育士資格は通信で~kidsとの成長を夢見るアナタの近道~

保育士

子供と関わる仕事

効率よく勉強する

勉強

保育士資格を取得するためには、保育士養成課程で所定の単位を取得し卒業するか、保育士試験に合格すれば取得することができます。保育士試験には筆記試験と実技試験があり、筆記試験は全ての科目に合格する必要があります。合格した科目はその年を含め3年間有効となるため、全ての科目を1年で合格する必要はありません。しかし、筆記試験の出題範囲は広く独学で勉強することは大変ですので、通信講座を利用して効率よく勉強するとよいです。また、実技試験は実務経験がない人には勉強の仕方が難しいため、実技スクールなどを利用するとよいでしょう。実技スクールを利用することによって、実技試験のコツがつかめたり、試験当日の自信にも繋がります。

ニーズの増加

現在の日本では女性の社会進出が進んでおり、結婚や出産をしても働き続けるケースが増えています。少子化といわれていますが待機児童は増えており、保育士のニーズは高まっているため就職先に困ることはないでしょう。また、保育士は国家資格ですのでブランクがあっても働きやすく、保育園や児童福祉施設などさまざまなところで活躍することができます。国家資格というと専門の学校で勉強しなければ、受験資格すら得られないと思っている人も多いことでしょう。保育士養成課程を修了していなくても一定の条件を満たしていれば受験資格が得られるため、独学でも資格を取得することができます。最近では男性の保育士も増えており性別問わず働くことができるため、人気のある国家資格となっています。