保育士資格は通信で~kidsとの成長を夢見るアナタの近道~

保育士

子どもとかかわるプロ

女性

保育士資格を通信で取る方法には「大学等の通信教育課程」と「受験対策講座」に大別されます。前者は養成課程にて、後者は国家試験で資格を取得したい人に向けられています。養成課程では単位認定によって、受験対策では教育訓練給付によって負担を軽減することもできます。国家試験には科目合格制度もあります。

詳しくはコチラ

保育を行える人になる方法

女性

保育士になる為には保育士の資格を取得しなければなりません。その為には、厚生労働省が指定する学校を卒業するか国家試験である保育士試験に合格をする必要があります。試験は毎年1回行われ筆記試験と実技試験があります。

詳しくはコチラ

子供と関わる仕事

勉強

保育士試験に合格するためには、筆記試験と実技試験に合格する必要があり、通信講座や実技スクールなどを利用し効率よく勉強するとよいです。待機児童の増加により保育士のニーズは高まっており、性別問わず働くことができるため人気の国家資格となっています。

詳しくはコチラ

学校に通わずに学ぶ

格安で学べる

文房具

保育士の資格を取得するとすると、一般的には専門学校や短大に通ったりしますが、通信制大学でも保育氏の資格を取得する勉強はすることができます。このような場合であると、通常よりも学費が安くなり、また、通信制であるので自分の時間を持てたり、働きながらでも資格を取得することができます。このような通信制大学であると、保育士の資格を取得できるようになるまでは大体2年から4年程度と一般的な専門学校と何ら変わらない期間で保育士の資格が取得できます。特に子育てをしている女性であるとこの保育士の資格を子育てに応用するため、子度もがある程度成長したら働きたいという理由はあるけれども家事に追われて学校に通う時間がないという人だと通信制大学を選択する人は多いです。

難点は

ですが、通信制大学で保育士の資格を取得するとはいえ、定期的なスクーリングは行わなければいけません。また、保育士の資格を取得するには実習は必須であり、これに関しても通信であれ、必ず行わなければなりません。この点に加えて、保育士になるには、ピアノなどといった実技ができなければならないという条件もあります。この条件をクリアするには、やはりプロによる指導はあったほうがよく、独学でも取得することはできる資格ではあるのですが、やはり独学の人もこの実技でつまづきます。そのため、しっかりこの点に関して指導してくれる人がいるのであれば問題はありませんが、そうでない場合はスクーリングでしっかり丁寧に指導を受けられる環境で勉強をすることをお勧めします。